20130521

SCALLOP QUILT 途中経過2

パッチワークキルト教室講師科の課題、スカラップキルトのテーブルマットの進捗状況です。
講師科になると教本に詳しい作り方は掲載されていません。
本科、高等科の集大成でもありますからそれまでに習得した技術を念頭に自ら考え工夫する必要があります。
教室では先生に質問できますが宿題ではそうはいきません。
それに、質問ができるとは理解が進んでいるということで、理解が進んでいなければ何を質問すればいいのか思いつきませんしね。
そのことをつくづく思います。
やりかけてはちょっと違うんじゃないか、もっと違う方法があるんじゃないか、とほどいたりやり直したりすることが増えています。

スカラップは、カーブがなだらかな弧にならずゆがんだり角ができてしまうのが気になりました。
アップリケのように型紙を作ってぐし縫いしてアイロンをかけて…とやればいいのかしらと思いながら縫っていました。
そこまでやる必要があるかしら…
そこで、飾り布にスカラップ模様のできあがり線を描いておいて、土台布で飾り布をくるむ際にはノリで止めて縫い代を折り込んでいってみました。
三つ目でようやく思うような形にできあがりつつあります。


0 件のコメント:

コメントを投稿