20130414

パッチワークキルトのひとつの方法

ダブルウェディングリングのキルティングを進めています。
ブログがなかなか更新できないので今日はかつて憧れてキルトを始めたきっかけになった本を紹介します。

登録情報
  • 書名:私のパッチワークキルト コタツ&ベッド
  • 著者:松浦香苗
  • 出版社: 文化出版局 (1984/11)
  • ASIN: B000J6XYXU 
この本では、ベッドカバーのような大きな作品を作るさいにトップを仕上げてからバッキングするという手法を取らず、一ブロックずつキルティングまで作り上げてからつなぎ合わせていくという方法が紹介されています。
この方法だと接ぎ終わった時にほぼ完成しているので大作に取り組みやすいというわけです。
また、キルティングは落としキルトのみで布地の柄や風合いが活かされています。

ほんの短い間でしたが当時私は近所の手芸店のパッチワークキルト教室に通っていました。
講師は洋裁の先生のようでしたが…
ピースワークの縫い代は片倒しではなく風車のように開く、縫い終わりは玉止めはせず返し縫をすると教わりました。
パッチワークにもいろいろなやり方があるのですね。





0 件のコメント:

コメントを投稿